1月 182010
 

1998年頃から、DVDの普及とともにサラウンドが一般家庭にも普及し始めました。
この頃は、サラウンドコンテンツを制作するスタジオですら、どのようにしたらちゃんとしたサラウンドの再生環境を構築できるか、試行錯誤していた時代です。
国内では,ベースマネージメントやディフューズサラウンド、ダイレクトサラウンドなどの用語もまだ浸透していないような時代です。
ソナは、この頃からサラウンドに積極的に取り組み、他に先駆けて海外のセミナーなどから意欲的に情報を集め、どこよりもはやくそれらを数々のスタジオで実践し、経験を重ねてゆきました
その中で、THXとのつきあいなど、サラウンドの分野の数々のすばらしい人達との友情を培うことができました。
サラウンド再生を検討することは、室内音響学を真面目に考えるためには非常に良いきっかけになりました
2chの再生環境では、ある程度経験的なものでカバーできることも、サラウンドでは理論的に考えておかないと事後調整ではどうにもならないことが多くあります。
さて、それから10余年、2010年になりコンテンツを制作するスタジオのサラウンド再生環境の構築も一段落ついて来たように思えます。
今こそ、ソナのサラウンドのノウハウをエンドユーザーの皆様に還元させて頂く良い時期です!
ソナが設計するホームシアターは、制作者が聴いていた音をそのまま再現することを第一に考えています。
制作者の皆様とユーザーの皆様との音の共有財産を生み出すことへの一助が、サラウンドスタジオ設計の先駆者であるソナの役割だと思っています。
ソナでは、このホームシアターを「プロフェッショナル・スクリーニングルーム」と命名し、エンドユーザーの皆様へのご提供に関して積極的に展開したいと考えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

FsHome 300x225 プロフェッショナル・スクリーニングルーム
ソナでは個人邸の試聴室/ホームシアターもやっています(2009年)

by N

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。