3月 082011
 

去る2月24日、ヤマハ株式会社様の音場コントロールパーツ「調音パネル」
ヤマハのご担当者4名様と共に、ソナにお迎えしました。

調音パネルは、ヤマハさんから昨年(2010年)の6月に
リリースされた室内音場の調整用パネルで、わずか3cmの厚さながら、
音響管による共鳴を用いた低域から高域までのフラットな吸音特性と
拡散反射という二つの特徴を併せ持っています。

(詳しいご説明はこちら

各種業界誌の紙面などで紹介記事などは拝見しておりましたが、
この度ヤマハさんからのご提案で、我が社にて実物に接する機会
を頂きました。

お迎えしましたのは、Dr.Kこと国本研究開発センター長,藤森様,本地様,
アビテックス営業部の柳田様の4名様です。
本地様から製品の開発コンセプトから機能まで詳しくご説明
頂いたのち、早速いつも通りの試聴大会です。

弊社ではリスニング用に室内音響を整えた試聴室をご用意して
おります
が、今回は調音パネルがその実力を発揮しやすいように
敢えて音響的にはフツーの部屋である会議室で試聴をスタートです。

立っておられる方が本地様

第2ラウンドは試聴室に移動。

急ごしらえで場面転換

各自持ち寄ったソースで、既に音場が整っている部屋での
調音パネルの効果を聴かせて頂きました。

さて、その感想は。

様々な意見が飛び出しましたが、会議室の方では、総じて“すっきりする”
“各楽器が見えやすくなる”というような感想が多かったようです。

特に低域のすっきり感は、誰もが感じたようでした。
会議室のような音響的な配慮がほとんどなされていないような空間では
特徴をフルに発揮し、音場の変化をしっかり感じられそうです

試聴室の方では、さすがにもともとが吸音の多い部屋であり、その変化は
会議室ほどではありませんでした。

ただ、今回は時間の都合もあり、スピーカーの背後という1通りの
設置パターンしか試せませんでしたので、側壁面や、後背面などいろいろな
設置場所の試行錯誤
をしてみると、また違った効果を感じる事ができるかもしれません。

ヤマハさんのご好意により、デモ用の調音パネルはしばらくお借りできることに
なりましたので、そのあたりさらにじっくりと吟味して楽しもうかと思っているところです。

また、今回はステレオ再生での試聴大会でしたが、当然ブースの音響調整や、
楽器の練習室などでも多いに役立ってくれそうですね。
どんな効果を見せてくれるのか、いじってみるのが楽しみです。

ソナでは録音用ブースを作ったり、ブースの音場調整をすることも多いのですが、
調整方法の選択肢のひとつにも加わってくれそうです。

3cmと薄いですし、サイズは60×90cm、重量も4kg程度ですから、
つけたり、取ったり、動かしたりと、気軽に動かせるのもいいですね。
ウール系の材料と違って、触ったり持ったりしてもヘタりの心配もありませんし。
いろいろと音場を変化させながらお試しするのも面白いと思います。

この調音パネル、ソナでもお取り扱い致します

お借りしているパネルを利用して、デモもできます
ご興味持たれた方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

私もこれからいろいろと試してみまーす。

by buscapedogg

いろいろ試してます