7月 222011
 

article align 02 音響調整ページを追加しましたarticle align 01 音響調整ページを追加しました

多くのプロフェッショナルスタジオを手がける過程で蓄積してきた知識/調整技術をもとに,
音響調整パーツなどを用いながら,制作環境からホームシアターまで,ご要望に合わせて幅広く対応致します。

サラウンド再生環境・制作環境にも精通したスタッフが多数在籍しており
設計や施工に携わらせて頂いた空間の調整のみならず
既存のコントロールルームやブースなどの 調整 のみの ご依頼も多数いただいております。

収録・再生環境の改善/メンテナンスに,是非ご用命ください。

詳しい内容はこちらから


8月 122010
 

msr 01 音響測定ページを開設しましたmsr 02 音響測定ページを開設しましたmsr 03 音響測定ページを開設しましたmsr 04 音響測定ページを開設しました

目的にあわせた測定プランのご提案から測定・分析,カスタマイズ可能な各種測定に加え
お得な音響測定パッケージ【リスニングルーム測定パック】もご利用いただける様になりました。

  • 騒音問題でお悩みの方
  • 会議室での話し声が聞こえ難いとお悩みの方
  • 自宅のオーディオルームやホームシアター等の室内音響特性に興味のある方
  • ホール,スタジオなどの性能評価をお考えの方 など

お気軽にお問い合わせください。

4月 282010
 
住宅エコポイント

省エネ性能の優れた住宅の普及を目的としてスタートしたこの制度。
新築,リフォームを問わず適用される期間限定の非常にお得な制度です。これを活用しない手はありません!

そこで,
ソナでは,ホームシアターやプライベートスタジオ等をご検討中のお客様に,ぜひこの制度をご利用頂きたいと思い,特集ページを開設いたしました。(ナビゲーションバー「特集」タブよりご覧頂けます)(2011年8月1日 削除しました)

「ウチの場合はいくらお得になるのだろう?」という疑問にお答えしていき,より良い環境の構築にお役立て頂ければと思います。

1月 182010
 

1998年頃から、DVDの普及とともにサラウンドが一般家庭にも普及し始めました。
この頃は、サラウンドコンテンツを制作するスタジオですら、どのようにしたらちゃんとしたサラウンドの再生環境を構築できるか、試行錯誤していた時代です。
国内では,ベースマネージメントやディフューズサラウンド、ダイレクトサラウンドなどの用語もまだ浸透していないような時代です。
ソナは、この頃からサラウンドに積極的に取り組み、他に先駆けて海外のセミナーなどから意欲的に情報を集め、どこよりもはやくそれらを数々のスタジオで実践し、経験を重ねてゆきました
その中で、THXとのつきあいなど、サラウンドの分野の数々のすばらしい人達との友情を培うことができました。
サラウンド再生を検討することは、室内音響学を真面目に考えるためには非常に良いきっかけになりました
2chの再生環境では、ある程度経験的なものでカバーできることも、サラウンドでは理論的に考えておかないと事後調整ではどうにもならないことが多くあります。
さて、それから10余年、2010年になりコンテンツを制作するスタジオのサラウンド再生環境の構築も一段落ついて来たように思えます。
今こそ、ソナのサラウンドのノウハウをエンドユーザーの皆様に還元させて頂く良い時期です!
ソナが設計するホームシアターは、制作者が聴いていた音をそのまま再現することを第一に考えています。
制作者の皆様とユーザーの皆様との音の共有財産を生み出すことへの一助が、サラウンドスタジオ設計の先駆者であるソナの役割だと思っています。
ソナでは、このホームシアターを「プロフェッショナル・スクリーニングルーム」と命名し、エンドユーザーの皆様へのご提供に関して積極的に展開したいと考えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

FsHome 300x225 プロフェッショナル・スクリーニングルーム
ソナでは個人邸の試聴室/ホームシアターもやっています(2009年)

by N

1月 182010
 

機材のPC化や制作予算などの関係から、昨今、プライベートスタジオの需要が増えてきています。
サラウンドが立ち上がってからのここ10数年は、大手制作会社などの本格的なスタジオの設計・施工が多かったため、気づけば周囲からは「ソナは個人向けのスタジオをやるの?」と言われるようになってしまいました。。。
もちろん、ソナでは個人向けのスタジオも全力でやります!
どちらかというと、ミュージシャンやエンジニアさんのプライベートスタジオの設計・施工がソナの原点です。
思い起こせば、十数年前は、対会社ではなく対個人がお打合せ相手の大半でしたし、そこから様々なコストパフォーマンス・アイデアが生まれました。
ソナのプライベートスタジオの設計思想は、本格的な大型スタジオと同様に真面目に音響設計を行うことです。部屋のモードの検証やスピーカ配置の計算など、スタジオの大小で手間の差別化は行いません。
小さいスタジオこそ、知恵を使えば色々な工夫が可能であり、それが設計の楽しさでもあるのです。
2010年、ソナでは、このようなプライベートスタジオを改めて「パーソナルスタジオ」と命名し、積極的に展開してゆきたいと考えていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

100118 booth img 300x277 パーソナルスタジオ
【プライベートスタジオのプレゼン】懐かしの手書きパース(1998年頃)

by N