12月 282010
 

今年も日本の経済は厳しい状態に見舞われました。
しかし,景気が悪いといっているだけでは先に進むことはできません。
こういう時こそ,将来へ備えての新たなチャレンジ精神が必要です。
そういった意味で,創業35年目の節目に当たる2010年のソナのチャレンジを振り返ると...

(1)商品開発
ソナの豊富な経験と高い音響技術を一般の方々にも提供できるように,いくつかの商品開発を行いました。
皆様にはまだ公表はできませんが,現在いくつもの商品開発プロジェクトが引き続き進行中です。
来年は,さらにいくつかの製品がデビューすることでしょう。

(2)特許出願など
商品開発の過程から,いくつもの特許出願,意匠登録,そして商標登録を行いました。
結果的には,不景気の今年が,これまでの中で最も多くの知財を蓄えることのできた年
ということになりました。

(3)Blog と Net Shop をオープン致しました
これまでの本家ホームページに加え,Blog ベースのホームページ(このページ!)を新たにオープンし,
皆様により多くの情報をお届けすることができるようになりました。
また,ソナのオリジナル製品をリーズナブルな価格で御購入頂ける WEB SHOP もオープンしました。
これらのサイトは全て,ソナのスタッフ!にて運用しています。

(4)THX Home Theater Training Seminar
今年は,ソナとTHX 社が業務提携を始めて10周年にあたる記念年です。
思い起こせば,THX と一緒に仕事を始めた当初は,THX はまだ Lucasfilm 社の1部門でした。
その後,独立会社になるなど,様々な歴史をTHXと一緒に歩んで参りました。
そのような背景から,今年の12月,THX 社と共催にてホームシアターの設計セミナーを開催しました。
このセミナーは,受講後テストに合格すると THX のオフィシャルのライセンスが授与されるといった
本格的なセミナーで,日本では初の開催となりました。
おかげさまで,多くの方々に受講頂き好評を博しました。
今回の結果を受け,来年以降も THX セミナーが開催できるよう,引き続き準備を進めております。

(5)神奈川建築コンクールで優秀賞を受賞
ソナでスタジオの設計をさせて頂きました洗足学園様のブラックホールが,
神奈川県建築コンクールの一般建築部門の設計で優秀賞を受賞しました。
建築設計を行っている会社として,第三機関から我々の設計技術を高く評価されたことは
なによりの喜びであり,社員の励みとなりました。


他にも数々の音響空間の設計・施工をさせていただきました。
本年は,積極的なチャレンジ精神にて社員一同で多くのことを生み出した年だったと言えるでしょう。
これらの生み出された貴重な財産は,必ず来年の成功へ結びつくと確信しております。

小さな工務店からスタートしたソナが,なんとか35周年を迎えることができたのも,
ソナを支えて頂ける皆様のご愛顧の賜でございます。
最後に,本年,皆様にいただきましたご厚情に厚くお礼申しあげます。
どうぞ,良い年をお迎えください。

年明けは1月5日から営業いたします。

2011年もよろしくお願いいたします。

社長 鈴木弘明

12月 282010
 

当社が録音スタジオの設計を担当しました洗足学園音楽大学 ブラックホール
2010年 第55回 神奈川県建築コンクール の 一般部門 で 優秀賞 を受賞しました。

senzoku studio01 150x150 神奈川県建築コンクール 優秀賞を受賞しましたsenzoku cont01 150x150 神奈川県建築コンクール 優秀賞を受賞しましたsenzoku cont02 150x150 神奈川県建築コンクール 優秀賞を受賞しましたsenzoku ceremony 150x150 神奈川県建築コンクール 優秀賞を受賞しました

studio photos taken by (株)川澄建築写真事務所

建築設計は(株)日本設計,インテリア・カラー計画/サイン計画を(有)テラダデザイン一級建築士事務所
施工は,鹿島建設(株)横浜支店が担当です。
当社は,録音スタジオの設計・監理を担当させて頂きました。
(洗足学園音楽大学ブラックホールは(株)日本設計がグッドデザイン賞も受賞しています。)

ブラックホールは主にミュージカルコース,ジャズコース,音楽・音響デザインコース,
大学の音楽教育では世界的にも類を見ないロック&ポップコースの学生が使用する施設として誕生しました。
ブラックホールの目玉である録音スタジオを,学生が思う存分使って頂き,
良い音に触れて頂く事を望みながらお手伝いをさせて頂きました。
建築コンクールとして歴史のある神奈川県建築コンクールにおいて,
一部スタジオの設計者として参加させて頂いた物件ですが,優秀賞を受賞出来たことは
非常にうれしく思います。


以下にスタジオ概要を紹介します。

【スタジオの設計概要】
ジャズやロックなどの生楽器/電気楽器を使用した,
マルチチャンネル収録,及び 音響編集を行なうスタジオとして計画しました。
民間レコード会社のスタジオスペックを有し,録音技術・音響デザインの習得や最新技術の研究,
マルチチャンネル・サラウンドなど最新メディア(DVD-Video/Audio,SA-CD,Blu-ray など)においての
音響表現などの研究を行なうことが出来るスタジオを目標としました。
音楽学部学生による演奏によりクオリティの高い録音製作が行なえるスタジオとなっています。

【スタジオ概要】
スタジオ面積は390㎡で二つの調整室を有し,
一つは収録用,一つはダビング用に適した構成となっています。
スタジオは,生楽器の収録に最適な残響時間を確保したメインスタジオが1室で,
ピアノとドラム用のブースをそれぞれ近接に配置しています。
ダビング用調整室には専用でブースを設置しました。

洗足学園 音楽大学 ブラックホール
神奈川建築コンクール

by yi