施工例のご紹介 〜個人様邸ピアノ室〜

 プロジェクト  施工例のご紹介 〜個人様邸ピアノ室〜 はコメントを受け付けていません。
5月 172011
 

5月11日,府中 篠原様のピアノ室
ご予定されていた2台のグランドピアノが揃ったということで
竣工後の音のチェックにお伺いしました。

先月結婚式を挙げたばかりの新婚のお二人にピッタリな
コンクリート打ちっ放し外装の素敵なお宅です。
(あいにく外は雨でしたので,建物の写真がありません…すみません)

ピアノ室は1階にあり,建物の構造は RC 造です。
(設計は(株)萩原建築設計事務所さん,建物/ピアノ室共に施工は業務提携会社の稲葉建設株式会社

4枚の引き違いサッシの奥に9.5帖の洋室があり,ピアノ室は約13帖の広さです。
サッシは敷居の段差の無く,同じフローリングで両室共仕上げてありますので
ガラスを通して,広さと開放感が感じられます。

奥様にピアノを弾いていただきながら簡単な測定をいたしました。

壁と天井は斜めになっていて,縦長の小窓は二重になっています。
グリーンの部分は響きを調整する吸音材入りのクロスパネルです。

測定結果をご説明中。
おいしい部屋の響きは残して,少し吸音を調整することになりました。

そして,隣のお部屋では旦那様(左)お父様(右)と弊社会長(中央)が楽しく談話中。
(さりげなく撮るつもりが,しっかり構えた写真になってしまいました….)
測定後にはコーヒーをいただきながら,お二人の結婚式のお話しを聞いたり
お写真を見せていただいたり,あっという間に時間が経ってしまいました!

今後のお二人のご活躍がますます楽しみです。
新しい生活のスタートのお手伝いができて,嬉しいお仕事でした。
篠原様 ありがとうございました。

by mK

施工例のご紹介 〜個人様邸ドラム練習室〜

 プロジェクト  施工例のご紹介 〜個人様邸ドラム練習室〜 はコメントを受け付けていません。
2月 102011
 
代替テキスト

今回は出張編です。

新宿から中央線快速で1時間ちょっと。
福生市にある牛浜駅にやってきました

牛浜駅から歩いて10分程,
昨年末に完成した金子様邸の地下ドラム練習室
一ヶ月ぶりにおじゃましました。

お部屋が完成してしばらく時間がたち,
楽器や家具も搬入されたとのことで,
どんな具合にお使いなのか,覗き見におじゃましたと
いうわけです。

竣工直後は,味気ない(失礼)お部屋でしたが,
今回訪ねてみてその変わり様に驚きました。

これは,たまり場になっちゃいますね(笑)

金子さん自慢のドラムは勿論,気の効いた椅子とテーブルが
並べられていて,ちょっとした発表会,ライブくらい
できてしまいそうです

我々で作らせて頂いた部屋に,金子さんが
命を吹き込んで下さった感じで,とても嬉しくなりました。

金子さんは,昨年ご自宅を新築されました。

住居部分と地下室(!)は,(株)ヴァンクラフト空間環境設計さんの
設計・監理です。

地下室をドラムの練習室にされたいということで,
ソナは地下室の遮音と音場調整を担当させていただきました

1Fの床スラブは厚さ210mmのコンクリートで,通常の用途であれば
それだけでも十分な遮音が期待できますが,今回は地下でドラムの
演奏を行い,その直上はご家族の茶の間ということで,万全を期した
遮音とするため,浮き遮音構造を採用していただきました。

金子さんは,13名ものメンバーを抱える
地域のバンド仲間のリーダーで,既にこの地下練習室に
仲間を招いてセッションしているそうですが,
地上の茶の間では演奏に全く気がつかないそうで,
ご家族の評判も上々とのことで,遮音設計担当者としては
大変安心しました。
(施工後の遮音測定ではDr-80クラスの遮音性能を確認しています。)

おしゃれな色の防音ドア


新居を建てられる以前は,特に遮音をしていない建物の2Fで
ご近所にその音を轟かせながらドラムを叩いておられたそうです。

近所の皆様もドラムが聴こえなくなって,寂しく思っているでしょうか。
それともやっぱり静かになって喜んでおられるでしょうか(笑)

バンドのメンバーの中には,気兼ねなく音を出せる練習部屋が
できたということで,高いギターを買ってしまった方もおられるとか。

やっぱり良い演奏環境は,チャレンジ心を呼び覚ましますよね。
そして,腕前の向上も!

今回,縁あって担当させていただきましたが,
こんな形で皆様の趣味生活,音楽生活の充実に
微力ですが役立てたかと思うと本当に嬉しいです。

建築音響を仕事としていることの幸せを感じることが
できた嬉しい仕事になりました。

優しいお顔で太いgroooove!

金子さん,ご家族のみなさん。
ありがとうございました

バンバン使い込んで頂いて,
福生の音楽シーンを盛り上げて下さい。

by buscapedogg

牛浜で牛に遭遇

住宅エコポイント活用特集ページを開設しました

 サービス  住宅エコポイント活用特集ページを開設しました はコメントを受け付けていません。
4月 282010
 

住宅エコポイント

省エネ性能の優れた住宅の普及を目的としてスタートしたこの制度。
新築,リフォームを問わず適用される期間限定の非常にお得な制度です。これを活用しない手はありません!

そこで,
ソナでは,ホームシアターやプライベートスタジオ等をご検討中のお客様に,ぜひこの制度をご利用頂きたいと思い,特集ページを開設いたしました。(ナビゲーションバー「特集」タブよりご覧頂けます)(2011年8月1日 削除しました)

「ウチの場合はいくらお得になるのだろう?」という疑問にお答えしていき,より良い環境の構築にお役立て頂ければと思います。

THX pm3 スタジオ 認証更新ツアーを行ないました。

 ニュース  THX pm3 スタジオ 認証更新ツアーを行ないました。 はコメントを受け付けていません。
4月 082010
 

ソナはTHX社インターナショナルレプレゼンタティブとして,THXの認証スタジオを設計・施工しております。認証を受けていただいたスタジオは,一年に一度認証の更新テストを受けていただく事になるのですが,今回のツアーでは都内のいくつかの認証スタジオで更新作業を行いました。

更新作業中

更新作業中です

更新作業のために,THX本社のエンジニアである,Andrew M. Poulainさんが米国より来日し,各スタジオを巡回,調整していきました。われわれスタッフもスタジオの音響調整作業を行いますが,Andrewさんの更新作業をすぐそばで見ていると彼なりのやり方がわかり,とても勉強になります。来日のたびに調整の仕方も微妙に変わっており,日々より良い方法を模索しているんだろうなあという姿勢も作業を通じて伝わってきます。

下の写真は,今回更新をしていただいたスタジオのひとつアートプラザさんでの「更新記念写真(?)」です。

Artplaza MA3

(左)アートプラザ阿部さん(中央)THX Andrewさん(右)アートプラザ船倉さん

更新作業では基本的に,THXのレギュレーションにきちんとハマっているかどうかをチェックしながら,修正としての調整を行なっていく訳ですが,単なる規格としての音の押しつけではありません。スタジオさんには,それぞれの音がありますので,スタジオのエンジニアさんと意見をぶつけあいながら,一緒に音を聴きながらの協同作業です。

アートプラザさんでも,Andrewさんとしてのリコメンドの音,アートプラザさんが欲しい音との擦り合わせを繰り返しました。写真は,作業後のお互いナットクの1ショットです。

現在日本国内では,ソナが携わったTHX認証スタジオが18箇所稼働中です。全部を一回のツアーでは巡回するのはキビしいので,更新作業は数カ所をグループに分けて行なわせてもらっています.

次回は夏ごろでしょうか。次回更新ツアーのスタジオの皆さん,よろしくお願いします。
そして,今回更新のスタジオさん,ご協力ありがとうございました。

Andrewさん,また新しい調整の技を見せて下さい。
楽しみにしてます!

by buscape dogg

散り始め

会社近くの桜。散り始めです・・・

パーソナルスタジオ

 サービス  パーソナルスタジオ はコメントを受け付けていません。
1月 182010
 

機材のPC化や制作予算などの関係から、昨今、プライベートスタジオの需要が増えてきています。
サラウンドが立ち上がってからのここ10数年は、大手制作会社などの本格的なスタジオの設計・施工が多かったため、気づけば周囲からは「ソナは個人向けのスタジオをやるの?」と言われるようになってしまいました。。。
もちろん、ソナでは個人向けのスタジオも全力でやります!
どちらかというと、ミュージシャンやエンジニアさんのプライベートスタジオの設計・施工がソナの原点です。
思い起こせば、十数年前は、対会社ではなく対個人がお打合せ相手の大半でしたし、そこから様々なコストパフォーマンス・アイデアが生まれました。
ソナのプライベートスタジオの設計思想は、本格的な大型スタジオと同様に真面目に音響設計を行うことです。部屋のモードの検証やスピーカ配置の計算など、スタジオの大小で手間の差別化は行いません。
小さいスタジオこそ、知恵を使えば色々な工夫が可能であり、それが設計の楽しさでもあるのです。
2010年、ソナでは、このようなプライベートスタジオを改めて「パーソナルスタジオ」と命名し、積極的に展開してゆきたいと考えていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


【プライベートスタジオのプレゼン】懐かしの手書きパース(1998年頃)

by N